江戸時代の【床事情】について
MAGAZINE 読み物

江戸時代の【床事情】について

江戸時代の【床事情】について

今日は江戸時代にタイムトリップして

昔の【床事情】についてご紹介したいと思います❤

【タブーはないがモラルはある】

これは明治時代以前の日本の性事情

儒教道徳を取り入れる以前の昔の日本は とーっても性に対して大らかな国でした。

盆踊りで村の外の若者を集め、子孫繁栄を願いつつ 乱 交 したり

夜這いの文化があったり、町の銭湯も混浴が多かったと言われています。

セックスの回数も今の日本では考えられない!?

週に3回はあったそうで1回の長さはそれほど長くはなく、女性の下着は腰巻だけだったので、着物ごとたくし上げるだけで 済ませていたそう。

チラリズムで萌えるってだけでも無いようですがそれよりも1日に何回出来るかが重要だったんですね~

当時はそれほど娯楽も無く、家で出来る事といえば スキンシップ・コミュニケーションのひとつでもある セックスだったんですね。

昔は女性の嫁ぐ年齢が今よりもずっと若く

12歳にはもう一人前の女性としてみられていたとか。

小学6年生かと思うとビックリですよ~!

そして、庶民の生活は長屋と呼ばれる同じ屋根で繋がった並びの家で、障子や襖で仕切られただけの生活のため家の中の様子は丸聞こえでした。

もちろん、夜の営みの声もね❤

どこの家からも日常茶飯事で聴こえるので大して気にならないし

なんなら、喧嘩の最中にお隣の喘ぎ声が聞こえてきて

じゃあこちらも・・・❤ なんて仲直りもあったようです。

喘ぎ声の大合唱なんて、今では考えられないですよねww

江戸時代の女の園と云えばご存知【大奥】

将軍ひとりのために全盛期には3000人もの女性が仕えていました。

御台所と呼ばれる将軍が正室を迎える前には

お迎えした正室に粗相の無いように 将軍の育ての親(腰元)が

将軍の筆おろしをし 御寝間(セックス)の手ほどきしていました。

将軍もちゃーんと性教育を受けていたんですよ!!

 

 

徐々に国民への教育に純潔教育が取り入れられ 重きを置かれ

性が省かれ 秘め事・恥じらう物として扱われるようになってきてしまいました。

その結果、性に興味を示さない若者が増え童貞・処女率は30代・40代と上がり

少子化となって影響が出ている思います。 ヤバいですよ。

大らかな国の気質はまだ失っていないせいか? 外国に比べて痴漢が多いし

性犯罪者・被害者へのアフターケアやフォローはまだまだ遅れています。

 

性犯罪は勿論駄目です。犯罪です。

しかし、何故その行為に至ったのか?もちゃんとフォーカスが必要だと思います。

再犯率の高い性犯罪を防ぐためにも、きちんとした性教育を受けることが大事です。

性教育ってセックスの話ばかりじゃないですからね。

命の大切さ・尊さから、自分自身を守る方法まで、小さい頃から徐々に身に付けていく人間の根源となる本当に大事な知識です。

 

サロンでも、シュガーリングしながらこのへんのお話してますww

興味がある方は聴きに来てね(⌒∇⌒)

  

私が性教育を学んだ 性教育講師を育成している協会です。 

JAEI 日本アマナ性共育協会  公式ホームページ

  • センシュアルセラピー
  • プライベートサロンまどか─セックスレスなど女性のための性の悩みに向き合うサロン
  • Prev
  • Next
タイトルとURLをコピーしました