【ワックス脱毛】と【シュガーリング脱毛】違いとは?
MAGAZINE 読み物

【ワックス脱毛】と【シュガーリング脱毛】違いとは?

【ワックス脱毛】と【シュガーリング脱毛】違いとは?

その場でツルツルになれる

速攻美容という点では

同じ脱毛方法です

性質や施術方法は全く異なります

ワックス=シュガーリング

ではありません😱😆

ちなみに

ブラジリアンとは

一般的にVIOを指すもので

ブラジルとは

何も関係ありません😅

(詳しくはまた今度!)

💫【ワックス脱毛】💫

成分:松ヤニ、ロジン、ミツロウ、香料

温度:45度〜65度

痛み:熱さや痛みがある

施術ペース:28日後〜

切れ毛:3分の2は切れてしまう

オイルクレンジング:必要

アレルギー:成分や、体質により出やすい

リスク:火傷、色素沈着、乾燥、埋もれ毛

性質:油性

皮膚への粘着力:強い

💫【シュガーリング脱毛】💫

成分:お水・レモン・お砂糖

温度:常温〜人肌温度

痛み:少ない

施術ペース:14日後〜

切れ毛:毛根から抜けるためなりにくい

オイルクレンジング:不要

アレルギー:天然成分のため出にくい

リスク:無し

性質:水溶性

皮膚への粘着力:弱い

💫ワックス脱毛

主にハードワックスとソフトワックスがあり

高温で温めたものを

皮膚に塗布し毛に絡めて

脱毛していく方法です

毛流れとは逆に剥がしていくため

切れ毛になりやすく

熱でお肌へのダメージが大きいです

また

粘着性で脱毛するので

角質が取れすぎてしまい

乾燥肌や色素沈着

埋没毛、ひりつきの原因に

メーカーによっては

アレルギー物質を含む

成分が入っているので

アレルギー体質や

お肌の弱い方は

アレルギー反応を起こす可能性も

また毎回

木のスパチュラとワックスペーパーを

使うので結構な量のゴミが出ます

塗って剥がすだけなので

特別な技術力は要りません

💫シュガーリング脱毛

お水・レモン・お砂糖のみを

使用したペーストで

施術を行います

100%天然素材のため

アレルギー反応が出ることがなく

敏感肌、アトピー肌など

肌質・肌タイプを選ばす対応できます

毛流れに沿って剥がしていくため

途中で切れることもありません

また

人肌温度のペーストを塗っていくため

お肌の角質を取りすぎることなく

古い角質のみを除去してくれます

原料に含まれるお砂糖には

保湿効果もあるため

潤いのあるモチモチとした

お肌に仕上がります

メーカーによっては

様々な硬さのペーストがあり

常温のまま 手袋ですくい

そのまま毛に絡め取る

オールハンドの特殊な技術で

施術を行うのでトレーニングが

必要となります

同じ脱毛でも

結構違いがありますね〜

当サロンが

シュガーリングを推奨してるので

多少偏った表現になりましたが😅

上記を踏まえたうえで

お好みの方法を選んで

快適なデリケートゾーンケアを

続けてくださいね❣️😊

  • センシュアルセラピー
  • プライベートサロンまどか─セックスレスなど女性のための性の悩みに向き合うサロン
  • Prev
  • Next

NEWS

膣専用の美容ジェルがサロンに登場❣️

膣はとてもデリケートな場所なので生活習慣の乱れやストレスなど...

センシュアル=【フル女】 が理想

  当サロンのテーマであるセンシュアル ただエロエロでセクシ...
タイトルとURLをコピーしました